[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターになったワケ by たまま

たまま たまま

 

副編集長をしております!たままです!

 

こんにちは。ママライターのたままです。

 

自己PR講座を受けて自分について語り、その勢いで私がなぜママライターになったのかの記事を書いています。笑

 

※ママオアシスでは、ライターになるとさまざまな講座を破格で受けることができます。そのうちのひとつが自己PR講座です。

 

2022年1月のライター説明会に参加し、ママライターとなりました。

 

今では、副編集長をやらせていただいています!(自分でもビックリ!)

 

本日は、私がなぜママライターになったかについてお話します。

 

お付き合いください♪

 

ママオアシス唯一の東北出身たままのこれまで

 

実は私、ママオアシス唯一の東北出身のママライターなんです。

 

東北の中でも、ケン〇ンショーでたびたびいじられている青森県出身

 

青森県の場所

▲青森の場所わかりますか?笑

 

もちろん、実家に帰ると王林ちゃんのように訛り全開ですよ。笑

 

高校卒業まで青森に住んでいました。

 

高校生までの私は、わりとスポーツも勉強も得意で自信に満ち溢れたタイプでした(^O^)オー

 

高校を卒業し特に夢がなかったので、とりあえず安定した職に就けるであろう医療系の専門学校に進学。

 

専門学校は札幌にあったため、私は憧れの都会デビューを果たします!

 

ところが! そこで待っていたのは人生最大の挫折でした…。

 

 

理由は割愛しますが(笑)、専門学校を中退することになってしまったのです…。

 

親にも迷惑をかけ、中退の2文字を背負い生きていくことにひどく落ち込みました。

 

そして、あんなにあった自信は1ミリもなくなってしまい、自分が大嫌いに…。

 

絶望していたタイミングで運命の出会いが!

 

自分が嫌いで自分を卑下し、うまくいかないことをすべて中退したせいにしていました。

 

なにかにつけて愚痴を言う生活をしていた時に、気晴らしに友達と飲みにでかけました♪

 

その居酒屋で偶然! 隣の席になったのが、出張でたまたま札幌にきていた今の夫のグループでした。

 

これ余談なんですけど…公式サイトより引用

 

ここで余談ですが、東北や北海道に住んでいると、関西弁を生で聞けることはめったにないので、関西弁をしゃべっているだけで5割増しでイケメンに見えるんです!(笑)

 

この関西弁効果がなければ、居酒屋で隣になっても連絡先を交換することはありませんでした(笑)

 

そこから、札幌と神戸で遠距離恋愛→思い切って引っ越し→同棲→結婚しました。

 

人生何があるかわからないですよね。

 

夫は、ポジティブで自己成長のために時間を使うことを惜しまない人です。

 

そんな夫を近くでみていて、ハッと気づいたんです。

 

私は、自信ない…自分嫌い…と嘆いているだけで、行動を何もせずただ愚痴を言っているだけだったと。

 

そこから少しずつ、勉強したり、アクティブに外へ出てみたり自分を変える行動をし始めました。

 

 

夫と出会ってから、かなり前向きになりました!

 

コロナ渦の妊娠・出産でひとりぼっちを痛感。そんなときに出会ったのがママオアシス!

 

そんな上向きな気持ちになっていたところでやってきたのが、コロナ蔓延&妊娠発覚

 

青森出身の私は大阪に友達は一人もいなくて、さらにコロナでさまざまな活動が制限される日々。

 

もちろんママ友もできず、大阪で、初めての育児に一人奮闘していました。

孤独を感じ、せっかく上向きになっていた気持ちがどんどん下がっていきました。

 

 

このままじゃダメだと思い、とりあえず大阪ママとつながってみよう! とInstagramで「#大阪ママ」と検索しました。

 

そこでヒットしたのが、ママオアシスでした!

 

 

最初は、ママ友でお茶会をしているサークル? のようなものだと思っていました。

 

ですが、よくよくウェブサイトを見てみると、毎日ママが情報を発信し、さらには「ママライター募集」とまでかいてあるじゃないですか!

 

ママ友もできて、ちょっと気になっていた情報発信もできるなら、話を聞いてみようかな? そう思いライター説明会に参加しました。

 

これがママオアシスとの出会いです!

 

ママオアシスの魅力に引き込まれていく日々

 

ママオアシスと出会ってから、記事を書いて発信するということに初めて挑戦しました。

 

苦手意識があった文章も、記事を書いて校正してもらううちにちょっとずつ成長を感じられるようになりました。

 

編集部にも入り、人が書いた文章を校正する機会までいただけました!

 

 

人の文章を見るのはとても勉強になります。

 

自分の記事を書く際に参考にしたり、校正したことをフィードバックするときにどうしたら伝わるか考えるようになったり…

 

文章の能力がググっとあがりました。

 

新たな学びをたくさん得られ、瞬く間にママオアシスのファンになってしまいました!!!

 

育休から仕事復帰してからも、ママオアシスにはノルマがないので、自分のペースで記事を作成できています。

 

仕事の息抜きにママオアシスの記事を書いたり、記事を校正したり…。

 

また、ママオアシスで刺激を受けたことで、いろんなことに興味・関心を持ち、以前より増してアクティブになり、学び&自己成長を楽しんでいます。

 

もう、自分嫌いの自分とはお別れできた! といえるでしょう^^

 

普通にママをしていたらできない経験ができるのがママオアシス

 

記事書いて校正してという新たな経験の他にも、ママオアシスではさまざまな経験をしています。

 

・座談会参加

・破格の講座受講

・チラシ作りのコンペ

などなど。

 

▲阪急百貨店での座談会のようす

 

すみっコぐらしケーキ発売開始!準備で忙しい記念日には阪急百貨店の冷凍ケーキ宅配が断然オススメ!

 

記念日やギフトに「冷凍ケーキ」を新提案!阪急百貨店の全国宅配サービス「CAKE LINK(ケーキリンク)」

 

最近では勉強会の講師までしちゃいました!

 

職場にいたら、スルーされがちな技術や経験もママオアシスでは、重宝してくれます。

 

「たままちゃんすごい!」「たままちゃんありがとう」をたくさん言ってもらえます。

 

人間って単純で、この言葉があるとより頑張れるんですよね。

 

これからは、私のやってみたかったことをもっと実現化していこうと思っています。

 

「いいね!やってみよう!」と必ずママオアシスは言ってくれます。

 

職場の同僚でもない、ただおしゃべりするだけのママ友でもない、なんとも言えない仲間ができているのを感じています。

 

普通にママをしていたらできない経験がゴロゴロ転がっていますよ。

 

唯一無二のママコミュニティ「ママオアシス」で、ぜひあなたも輝く場を作りませんか?^^

 

いつでもウェルカムです!

 

▼他のママライターのコラムも見てね!

 

[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターになったワケ by くまみく

[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターになったワケ by ライターRei

 

[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターになったワケ by naan

 

[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターを始めたワケ by 草野 麻里

 

[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターになったワケ by ライターきよ

この記事を書いたママライター

コメントもらえると喜びます

“[特別コラム]ママライターヒストリー!私がママライターになったワケ by たまま” への6件のフィードバック

  1. アバター 匿名 より:

    私もたままさんと同じように県外から大阪に来た身なのでめっちゃ気持ちがよく分かります!
    それにしても旦那さんが素敵な方^^
    前向きな気持ちになれるパートナーがいると心強いですね ♡

    これからママオアシスの副編集長よろしくお願いしますよ ♪

    • たまま たまま より:

      気持ちわかってくださってうれしいです!(TT)
      前向きになれるパートナーと元気いっぱいママが揃うママオアシスに囲まれ、よりパワフルにこれからも頑張ります!(笑)
      こちらこそよろしくお願いします^^

  2. 代表あおむし 代表あおむし より:

    自分嫌いの自分とはお別れ・・・っていいね!ママオアシスがたままちゃんの孤独育児の助けに、そして自信の根源になっているだなんて感激です。これからも一緒に成長し、ママオアシスも成長させていきましょう!!

    • たまま たまま より:

      ママオアシスに出会ってから視野がぐーんっと広がりました。
      あの時説明会に参加してみてよかったなと心から思います^^
      これからもよろしくお願いします♪

  3. アバター naan より:

    たままちゃんにそんな過去があったとは、、!今の姿を見ていたら想像できないね!積極的にいろんなことに挑戦するたままちゃん、素敵です!頼りにしてるのでこれからもよろしくねー!

    • たまま たまま より:

      いろんなことがありました(笑)
      こちらこそいつも頼りにしまくっています!編集長をどんっと支えられるよう頑張ります🔥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事