大豆、麹、塩だけ!リモートな今こそ我が家オリジナルの無添加みそを作って食育だ!

ako ako

おうちで味噌を作ってみよう!

 

2月は、お味噌作りの季節です。

 

ママオアシスの過去のブログでも、味噌作りイベントを開催したり、ようちえんの行事で味噌作りをした記事があります。

 

【Oasis Cafeレポ】戦力は子ども!親子でMyみそ作り ~魔法の言葉は、美味しくな~れ!~

ジャングルようちえんでみんなでワイワイ♪お味噌作り!

でも今年はコロナで、なかなかそういうわけにいきません。。

 

長時間室内で行う味噌作り、たくさんでワイワイやるのはなかなか難しい。。

 

かと言って一人でやるには孤独な作業。。

 

どうなることかと思いつつ、今年はおうちで家族でやってみることにしました!

 

親子味噌作り

 

事前準備はママひとりでやるとスムーズ!

 

材料を準備する

 

まずは材料を揃えます。

 

作業は簡単ではない味噌作りですが、材料はシンプル!

 

大豆、麹、塩のみです。

 

一般的な割合は、大豆:麹が1:1、そこに20%の塩を揃えるだけ。

 

一晩大豆を水に浸しておく

 

材料を揃えたら、味噌作りの前日に大豆をよく洗って浸水します。

 

一晩でかなり水を吸うので、なるべく大きなボールやお鍋で多めの水に浸しましょう。

 

一晩以上浸水してもいいし、途中水が少なくなったら途中で足してもOKです。

 

大豆

 

大豆を煮る

 

当日朝、子どもたちが寝ているうちから起き出し、浸水した大豆を一足早く煮始めます。

 

大豆を煮るのに、普通のお鍋だと2時間〜2時間半くらいかかるので、早く煮始めることが子どもとのスムーズな味噌作りのポイント!

 

大豆を煮るとブクブクした泡が大量に沸いてくるので、これを丁寧にすくいます。

 

水が減ったら差し水をし、豆の固さを見ながら、指で潰れるくらいまで柔らかく煮ます。

 

▲先に起きてきた次男(3才)が差し水をしてくれます

 

さぁ、子どもの出番!味噌を作ろう

 

長男(6才)が起きてくる頃には、大豆は大体煮えていました。

 

作業① 塩と麹を混ぜる

 

両手でパラパラとこすりながら、麹に塩が絡みつくようにしっかりと混ぜます(塩切り麹と言います)。

 

このあたりはまだ作業し始めなので、子どもたちも楽しそうにやってくれます。

 

 

作業② 煮えた大豆を潰す

 

6歳の長男がフードプロセッサーにかけ、それを3歳の次男が麺棒でさらに潰す。

 

・・・という流れでしばらくはやってくれていましたが、飽きた次男が戦線離脱。。

 

味噌作りと似ていた(?)からか、粘土遊びを始めました。。

 

大豆作り

▲うーん、どうせなら豆を潰してほしいなぁ。。

 

まぁでも3歳児はこんなものか、、と諦めましたが、またまだ作業は残っています。。

 

味噌作り、頼りになるのはお父さん!?

 

味噌作り初体験のお父さんは、子どもたちを見る係に・・・

 

と思っていたら、結局味噌作りの体力のいる作業をほぼひとりで担当。

 

そう、味噌作りは体力がいるんです!

 

塩と麹を混ぜるのも、豆をつぶすのも、根気と力が必要です。

 

作業③ 豆と塩切り麹を混ぜる

 

これも、握力と腕の筋力を使う、けっこうしんどい作業。。

 

しっかり混ぜるためにはけっこうな時間がかかります。

 

このあたり、子どもが一緒だったこともあり、ちょっと早めにすませてしまった感がありますが。。

 

お父さんの感想は、「明日筋肉痛だわ〜」。

 

お父さんありがとう!

 

味噌作りお父さん

 

最後はみんなで味噌玉作り

 

最後に味噌玉を作って容器に入れる作業をします。

 

ここで再び戻ってきた子どもたち。

 

この工程で、味噌玉の空気をしっかり抜きます。

 

容器に投げ入れるのを楽しむ次男。

 

粘土感覚でこんな形の味噌を作って遊ぶ長男。

 

味噌作り

 

 

容器の中の味噌玉を潰し、表面を平らにします。

 

その上にラップをかけ、重しをしたらできあがり!

 

 

豆が煮えてから、予定よりも早い2時間余りで、我が家の味噌作りは完成しました〜!

 

手前味噌、どんな味になるのか?

 

半年くらい待てば食べられるはずなので、できあがりが楽しみです。

 

父ちゃんも子どもたちも、みんなで作った手前味噌。

 

きっといつもより美味しく感じることでしょう。

 

こんな家族の共同作業も楽しいですよ^^

この記事を書いたママライター

コメント

“大豆、麹、塩だけ!リモートな今こそ我が家オリジナルの無添加みそを作って食育だ!” への4件のフィードバック

  1. アバター ロコ より:

    家族仲良く味噌作り、楽しそうですね。
    家族のコミュニケーション作りと手作りの味噌、一石二鳥ですね。
    小さい内から食べ物に興味を持たせるのもいい点だと思います。

  2. アバター 筆者 より:

    温かいコメントありがとうございます(^^)
    また家族で手作りの食べ物、作ってみたいと思います!

  3. アバター ひばちゃん より:

    家族で味噌作り楽しそうですね。コロナ禍で外出自粛の折り最高です。

    • アバター 筆者 より:

      コメントありがとうございます!
      こんな状況ですが、家での手仕事の良さに気づけたことはよかったと思います(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事