カルピスの味はしない!?カルディで買えたカルピス発酵バターで優雅なトーストを♪

ゆみぞう ゆみぞう

誰もが知っているカルピス。

 

実はバターも作っているって知っていましたか?

 

今回、カルピス社製バターを購入したので感想をシェアしたいと思います!

 

 

カルディで発見!カルピス特撰バター!

 

以前、友人から「カルピスバター美味しいよ!」と聞いたことがあり、その存在は知っていました。

 

みなさんは聞いたことありますか?

 

わたしは最初、カルピス特撰バターの話を聞いたとき、

 

「え、カルピスのバター?」

「カルピス味のバターなん?」

 

と不思議に思ったんです。

 

どんなものか見たくても、普通のスーパーでは取り扱ってないバター。

 

今回他の買い物ついでに立ち寄ったカルディで発見!

 

店内の奥にある冷蔵コーナーに並んでいました。

 

 

450gで1600円ほどと、そこそこな金額・・・

 

有塩タイプ、食塩不使用タイプの2種類がありました。

 

 

だけど気になるので買ってみましたよ♪

 

カルピス特撰バターは何がすごい?

 

普通のバターよりもお値段が張るカルピス特撰バター。

 

一体なにが普通のバターと違うのでしょうか?

 

その秘密がわかりました。

 

カルピス特撰バターは、あの乳酸菌飲料「カルピス」を作る工程で、生乳から乳脂肪に分解するときにできる脂肪分(クリーム分)から生まれたのが始まり。

 

限られた量しか生産されず、「幻のバター」と言われてるそうです!

 

当初は業務用として発売され、そのころより一流フランス料理店のトップシェフから絶賛を受けてきたのだそう。

 

その後、一般用に販売されるようになりました。

 

そんな希少バター!

 

どんなものかワクワクしますね♪

 

カルピス特撰バター、いざ!開封!!

 

箱を開けると、金色の紙に包まれたバターが登場。

 

 

なんだか神々しく見えますね!

 

箱の中には「必ず10℃以下で保存してください」と書かれた用紙もありました。

 

カルピス特撰バター、色の違いにビックリ!

 

紙をさっそく開き、バターとご対面w

 

せっかくなので、家にあるバターと並べたら色の違いが歴然!!

 

とってもキレイな白色バターなんです。

 

 

自宅のバターが古いせいではありません!

 

期限内の普通の市販のバターです。

 

同じバターなのに、こんなにも色が違うんですね。

 

カルピス特撰バター、焼いたパンに乗せてみました

 

いつも使うバターは硬くて取りにくいし溶けづらい。

 

だけどカルピスバターはスッと取れてとってもなめらか

 

硬さにも違いがあるなと感じます。

 

さっそく普段食べるときと同じようにパンを焼いて、オン ザ バター!

 

 

食べた感想ですが、普段食べているバターよりコクがあるのに、とてもあっさり!

 

そしてなんと言ってもカルピスの味はまったくしません!

 

普通のバターと同じ味。

 

ですがすっごくクリーミーでスッと溶ける口どけ。

 

子どもたちは食パン2枚ペロリと食べてしまいました。

 

今回わたしはパンにつけて食べましたが

 

・じゃがバター

・お菓子やパン作り

 

など様々なタイミングで使っても普段よりも一層料理が美味しくなると思います!

 

ちょっぴりお高めなバターですが、買う価値あり!

 

見つけたらぜひ買ってみてくださいね!

関連記事