堺のテイクアウト大集結!「SAKAI TAKE OUT MAP」ができました

あおむし あおむし

堺のテイクアウトならSAKAI TAKE OUT MAP

 

大阪の緊急事態宣言が解除されましたね。

 

とはいえ、相変わらず子どもが(旦那も?)家にいる毎日が続くわけで。

 

何がしんどいって、いろいろあるけどその一つはやっぱり3食ごはんを作ること

 

「1日中ごはん作って食べさせてる気分 _| ̄|◯

 

そんなゲッソリーニなママにぜひ使ってほしいのが、堺のテイクアウト特集サイトです!

 

サカイテイクアウトマップ

▲画像をタップすればサイトに飛べます

 

堺のテイクアウトなら堺テイクアウトマップ

 

SAKAI TAKE OUT MAPは、“テイクアウト” をキーワードに、地元でこだわりの食を届けたい飲食店と、地元で美味しい食を楽しみたい人をつなげるためのウェブサイト。

 

2020年5月21日にオープンしました。

 

コロナのおかげで、多くの飲食店が通常営業を自粛、また多くの人が外出を自粛せざるをえない状況に陥りました。

 

その影響は計り知れないもので、今後も長く尾を引くことが予想されます。

 

そんな中、テイクアウト情報が集まったサイトがあれば便利だよね!

 

飲食店も私たち消費者も助かるよね!

 

ということで、堺区で活動する有志によって作られたのが SAKAI TAKE OUT MAP 。

 

地元の飲食店を支えつつ、テイクアウトの魅力をより広く地元の方に届ける。

 

合わせて、“Buy Local” =「地元の商店で買うことが良質な商いを育て、地域の魅力を増すことにつながる」という考えが今後広がることも期待されています。

 

堺テイクアウトマップチラシ

 

正式名称は「SAKAI TAKE OUT MAP 堺区版」

 

そう、対象エリアは堺市堺区です。

 

「版」ということは、ほかの区版もできるのか・・・?

 

はわかりませんが(笑)、サイトを見てみたら美味しそうなテイクアウトが並んでいますよ!

 

オシャレなものも多いし、ママオアシスで紹介したことのあるお店もチラホラ。

 

ゼルコバ食堂のテイクアウト

▲ゼルコバ食堂

 

【親子ランチ】堺・三国ヶ丘の人気店「ゼルコバ食堂」は子連れウェルカムなんです

 

フルーツサンドボックス

▲ロジエ

 

旬のフルーツで潤いと癒しを!フルーツとサンドイッチのお店 ロジエ@堺東

 

サカイノマテイクアウト

▲サカイノマ

 

堺のイイとこ発見!SAKAINOMA Cafe & Residence (サカイノマ)@堺区宿院

 

堺区の方もそうでない方も、ぜひ利用してみてくださいね♪

 

利用してみて「ココ美味しかった!」ってときは、「#SAKAITAKEOUTMAP」をつけてSNSでシェアしましょう!

 

あなたのシェアがお店の応援になります。

 

また、掲載店募集中とのことなので、お知り合いがいたらぜひ声をかけてあげてくださいね♪

 

参加店募集チラシ

 

ごはんタイムが億劫なワケを考えてみた

 

ここからは余談です。独り言です。

 

冒頭で「1日中ごはん作って食べさせてる気分 _| ̄|◯ 」と書きましたが。

 

実際ごはんの準備って、1時間くらいあればできちゃうじゃないですか。

 

朝ごはんや昼ごはんならパパッと済ませがちだから、もっと簡単にできてしまう(うちの場合)。

 

なのになぜ?

 

なぜこんなにも一日中ごはんを作っている気になるのか?

 

考えてみたところ、うちの場合、子どもの食べるスピードがめっちゃ遅いんですよね。

 

兄弟で喋ったりごはんで遊んだりして、1回の食事タイムにつき最低1時間はかかります。

 

晩ご飯なんて1時間で終わったら優秀なほうで、2時間近くかかることも日常茶飯事(よくそんだけ座ってられると逆に感心)。

 

しかも「はよ食べコール」を毎食10回以上発動してようやく1時間で食べ終わる。

※「早く食べやー」に始まり「はよ食べろやー!!」で終わるのですが、おしなべて「はよ食べコール」としておきます

 

さらに言えば、子どもが食べ終わって終わりではありません。

 

1時間ものごはんタイムがその周辺エリアにもたらす影響はそりゃもうハンパないわけで。

 

食べこぼしまみれの床。

 

油がついた指をテーブルやイスで拭いた跡。

 

米粒をテーブルに擦り付けようものなら、澱粉質が凝固してなかなか取れません。

 

牛乳をこぼされた日には、もう・・・(臭)

 

といったように片付けと掃除をして、ようやく1食が終了するのです。

 

この攻防戦が1日に3回。

 

・作る×3

・1時間以上食べる×3

・早よ食べコール10回×3

・片付ける×3

 

3食ごはんが億劫な理由って、ごはんタイムに要するハンパないエネルギー(親の)のせいです、絶対。

 

ましてや子どもが小さければ小さいほど、そのエネルギー消費量は上がるもの。

 

大人と別メニューで作ったり、子どもに食べさせたり、そのくせ容赦なく残されたり。

 

食べこぼしで服を着替えさせたり、そもそも座ってくれないことだってあります。

 

残したくせにあとでお腹すいたとか言われたらイラッとしますしね。

 

1日のうち、ママがごはんに費やす時間とエネルギーはかなりのもの。

 

そう考えると、「またごはんかよ」と感じてしまうのも納得です。

 

こうやって子どもが成長していくのだとわかりつつ、この果てしない一連のやりとりに疲弊しているみなさん。

 

ぜひテイクアウトを上手に活用してくださいね。

 

ー 美味しく、楽しく、地元とつながる ー

SAKAI TAKE OUT MAP サイトはこちら>>>

 

関連記事