これは珍しい!お菓子の自販機で24時間対応!洋菓子店「MIKA doi YASU」@松原市

じゅんりん じゅんりん

2020年1月 Re:STARTをきろうとしているママオアシス。

 

10月17日(木)にはHalloweenイベントを行うほか、いくつかのフリーマーケットにも出店予定!

 

ホームページ制作費用を生み出すため、着々と準備を進めています。

 

今回は10月20日(日)に松原市で行われるマルシェ・婚活イベントcoicoi松原に出店される洋菓子店をご紹介します!

ママオアシスもフリマ出店!こいこい松原の記事>>>

 

定休日でも食べたい!が叶っちゃう

 

「松原のお母さん」の手作りの味が味わえる洋菓子店

\MIKA doi YASU /

▲ピンクの壁が目印です。
ん? お店の前に何やら大きな物が置いてある。

 

\ズームイン/

なんとこちら、洋菓子の自動販売機!!

 

店主の加村さんが、いつでも美味しい洋菓子を届けたい!と考案されたものです。

 

ユニークなアイデアですよね!

 

早く使ってみたい衝動を抑えつつ、まずは店内へ。

 

お母さんの優しさあふれるお店

店主の加村八壽子さんの前職は、小学校教諭。

お店を始めたきっかけは、大学を出た娘さんが体調不良で思うように体を動かせなくなったことです。

「母として子どもにできることは?」

そう考えた末、自宅の一部を改装し、親子で好きだったお菓子作りを生かした洋菓子店を始めたのだそう。

▲加村さん(右)と、時間を見つけてはお店を手伝っているという娘のミカさん
私も3人の子どもを育てていますが、子育て中にどんなことが起こるかなんて想定できません。

 

母として子どものために何ができるのか。

 

加村さん親子の起業ヒストリーに胸を打たれました。

 

まるで実家に帰ったような温かさを感じるお店も、加村さんの「お母さん」の優しさと強さからなんだ!と改めて感じました。

 

現在娘さんは外に働きに出て、加村さんが一人でお店を切り盛りされています。

 

取材の日は都合をつけて下さった娘さん。

 

取材中、私の娘と楽しく遊んでくれました。

松原を応援し隊!

 

さて、そんなアットホームな洋菓子店「MIKA doi YASU」の商品をご紹介します!

 

まずは、松原市のゆるキャラ「マッキー」を型どったクッキー。

▲マッキーのクッキー 1枚80円・5枚入り300円

▲いたいた!ゆるキャラマッキー。娘もお気に入りに!

そっくりですよね!

 

お次はこちら。

 

松原産全粒粉を100%使用した松原サブレです。

▲松原サブレ  1枚80円・4枚入り300円

松原の小学生が生産に参加している小麦粉だそうです!

 

まさに地域貢献!

 

この松原サブレは、大阪松原市を広くPRする松原ブランド「La Matsubara」に認定されています。

 

松原産といえば、こちらも忘れてはいけません。

 

松原で生産されたさつまいもを材料として作られたスイートポテト。

▲スイートポテト1個100円

 

「MIKA doi YASU」は、松原産の農産物を材料にした料理が食べられるお店「地産地消推進店」に登録されているんですよ。

※松原市のさつまいもは仕入れ時期が限られており、取材当日のスイートポテトは加村さんご自身が育てたさつまいもで作られています。スイートポテトの販売は春から秋まで。

大満足のチーズケーキ

 

それから、看板商品のチーズケーキ。

 

大ホールが2200円(要予約)、写真の小ホールは1200円。

 

カットケーキは1つ250円で販売されています。

▲濃厚なチーズケーキは小ぶりでも大満足!

普段はイートインできませんが、特別にチーズケーキを食べさせていただきました。

▲娘はチョコのチーズケーキがお気に入り

ヨーグルトをふんだんに使ったチーズケーキは、酸味があって爽やかな味わい。

 

チョコのチーズケーキはとっても濃厚!

※値段はチーズケーキと同じです。

 

普段からチーズケーキが好きな私も、「MIKA doi YASU」のファンになりました!

アレルギーっ子はこちら

やはりありました! 卵不使用の優しいクッキー♪

 

中央のチョコチップクッキーが卵不使用となっております。

▲クッキー各種一袋100円
そのほかにも

ガトーショコラ 1カット200円

冬季限定アップルパイ 1つ150円

プリン 1つ150円

 

予約すれば、フルーツタルトやシュークリーム等も購入できますよ。

 

レジンは趣味で

 

ところで、店内で気になったのがこちら。

可愛らしいデザインの、レジンのヘアアクセサリーやブローチです。

 

これらは、娘のミカさんと、加村さんのお姉さんの手作りの品。

 

お店に並んでいるので見てみてくださいね!

 

思わず娘にブローチとヘアゴムを購入です!

気になって仕方がないアレ

 

さあ、店内での取材も終えたので、ずっとやってみたかった(私が)アレ、やりましょうか。

 

ってことで、自動販売機で家族にお土産を購入!

サブレやクッキー、プリンにアップルパイと、お店の商品を24時間購入できます。

 

チーズケーキは2カットずつ、500円で販売されています。

 

商品には原材料と賞味期限がしっかりと記載され、安心安全に商品が買えるよう配慮されています。

▲原材料と賞味期限が記載された用紙が中に!

お菓子を自動販売機から取り出したら、一緒に入っている保冷剤を保冷ケースに戻してくださいね。

 

ちなみにこの保冷剤、暑い時期は1日に2度交換されています。

8月は自動販売機での販売がお休みなので、お気をつけて。

ところで、doiって誰?

 

最後になりましたが、みなさん、お店の名前、気になりませんでしたか?

 

MIKAは娘さん。 

 

YASUはお母さん(苗字は加村さん)。

 

では、doiは!?

 

それは、お店を開くなんて全く思っていなかった、娘さんが高校生の頃の話。

 

ミカさんのお菓子が美味しいとずっと言ってくれた親友が「どいさん」なのだそうです。

 

その当時から「もしお店するなら、店名はMIKA doi YASUやな!」

 

なんて、冗談で言っていたところからきているそうですよ!

 

親友のどいさんとは今もずっと仲が良く、マルシェなどに出店する際は袋詰めなどのお仕事を手伝ってくれるそうです。

 

松原への愛と、家族・友人の愛がいっぱいつまった洋菓子店へ、ぜひ一度足を運んでくださいね!

 

また、2019年10月20日(日)開催の神社マルシェ「coicoi松原」では、ママオアシスも、MIKA doi YASUさんと肩を並べて⁉︎フリマでお待ちしております!

 

こちらもぜひお越しくださいね!

【MIKA doi YASU】

ADDRESS

 松原市天美西5丁目135番17号

TEL

 072-331-8604

OPEN

 水・木・金曜日

 12:00〜20:00

 ※自動販売機は24時間対応

PARKING

 土橋駐車場  10番

 072-331-2434

ブログはこちら>>>

 

この記事を書いたママライター

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事