ウィズコロナで宅トレブーム急加速!プロが教えるバランスボールのサイズの選び方&親子でできる内転筋エクササイズ

ゆみぞう ゆみぞう

外出を控えなければならない今。

 

お店ではいろいろな自宅エクササイズグッズが売られるようになりましたよね。

 

皆さんの家にも何かあるのではないでしょうか?

 

宅トレアイテム、何を選べばいいのでしょう?

 

 

今やスポーツ用品店だけでなく、100均ショップでも売られているエクササイズグッズ。

 

私の家にも

 

・ストレッチポール

・バランスボール

・フォームローラー

・マッサージボール

・マッサージローラー

・トランポリン(普段は物置に収納されています)

 

と、多数のエクササイズグッズがあります。

 

その中で我が家で人気なのがバランスボール♪

 

今日はバランスボールについて掘り下げていきたいと思います。

 

よくある悩み。バランスボールの大きさはどれくらいがいい?

 

私はお仕事でバランスボールを使っているのですが、

 

「これから買おうと思うけど、大きさがわからない」

「家にあるけど、大きさが合ってるのかわからない」

 

このお悩みが一番多いんです。

 

そうですよね、売られているときは箱に入っいてるから座れないし、

 

すでに膨らんでいたものがあっても、数字に弱い私たち女子には

 

「これって結局何センチなんだろう?」

 

と、バランスボールを前に頭の中は思考停止状態です。

 

一般的に売られているバランスボールは

 

・55cm

・65cm

・75cm

 

と、10cm刻みでサイズがあります。

 

いろいろな考えがありますが、もし身長155cm〜169cmの範囲であれば、55cmのバランスボールを私はおすすめします。

(ちなみに私は168cmで55cmのバランスボールを使っています)

 

 

写真のようにバランスボールに座ったとき

 

・膝裏の角度が90〜100度

・骨盤の角度も床に対して垂直

 

になっていれば、身体の大きさに合っています。

 

結論を言うと、

 

女性ならたいていの人が55cmのバランスボールを選べばOK!

 

バランスボールは風船のように空気の量である程度大きさを変えることができるので、空気量を調整して使えます。

 

子どもにはどのバランスボールがいい?

 

ところで、「バランスボールって子どもにも使えるの?」と気になるママも多いと思います。

 

年齢にもよりますが、子どもに大人サイズのバランスボールは扱いにくく不向きです。

 

大きすぎるために、転がり落ちやすかったりとケガの危険も出てきます。

 

なので、子どもには子ども用のバランスボールを!

 

▲コチラは春から2年生(123cm)と年少(100cm)の女子。

 

先ほど出てきていないサイズで、子ども用のバランスボールもあるんです。

 

黄色が45cm、ピンク色が30cmのバランスボール。

 

このように、子どもも大人と同じように

 

・膝裏の角度が90〜100度

・骨盤の角度も床に対して垂直

 

になるバランスボールがオススメですので写真を目安にしてみてくださいね♪

 

何がいいの?バランスボール

 

これもよく聞かれます。

 

「ボールに座ってるだけで、どこにどう効いてるの?」と。

 

確かに座ってるだけだと、イスと変わらない気がしますよね。

 

いくつか効果があるのですが、今回は2つお伝えしたいと思います。

 

◆体幹を鍛えられる!!

 

バランスボールは、イスに座るときのようにダラーーンと座ると落ちてしまいます。

 

なので落ちないように、ある程度の力を入れて座ることになります。

 

そこで活躍してくれるのが体幹!

 

この体幹が鍛えられると

 

・姿勢の崩れを防ぐ

・身体が安定するためケガの予防

・腰痛の予防

 

にもつながってきます。

 

子どもの場合も体幹はとても大切で、運動不足などで体幹が弱い場合、

 

・転びやすくケガしやすい

・授業中、姿勢を維持できなくて机に伏せてしまう

 

なんてことも、起こりやすくなると言われています。

 

写真でもわかるように、バランスボールありとなしで子どもの姿勢が違います。

 

▲バランスボールなしのとき、背中が丸くて猫背になってしまいます。

 

▲バランスボールに座ると猫背では保てないので自然と姿勢に気を配るようになります。

 

◆脳が活性化される!

 

・・・と言われても「どういうこと?」と思うかもしれないですが、

 

不安定なバランスボールに座っているとき。

 

身体のグラつきを立て直そうとするときに、バランス感覚を司る小脳が働いているんです。

 

小脳が働くことで周辺の血行もよくなり、脳により多くの酸素と栄養が送り込まれ、脳が活発に動いてくれます!

 

そうすると

 

・認知症の予防

・集中力の向上

 

といった効果が出てきます。

 

そのため子どもから高齢者の方にもオススメ♪

 

目立った変化は感じにくいかもしれませんが、身体の内なる部分ではめまぐるしく変化しているはずですよ♡

(我が家の小学生組はバランスボールに座ったときの方が宿題を終えるのが早いです。笑)

 

バランスボールを使って何かしたい人のために

 

ここまでで適切な大きさと効果の2つをお伝えしましたが、座るだけでは物足りないですよね。

 

そこで最後に、すぐに子どもとできるバランスボールトレーニングを1つお届けしたいと思います♪

 

内転筋(内もも)を鍛えるトレーニング

 

やり方は簡単!

 

でもめちゃ効く!

 

子どもも大好き!

 

美脚効果がありますよ♡

 

1、バランスボールを足で挟む

2、子どもをバランスボールの上に乗せる

3、子どもはジャンプ! ママはボールが逃げないように内ももに力を入れてボールを固定する

 

これだけです!

 

▲笑っていますが、小学3年生だと負荷がすごいので内ももプルプルです。笑

 

▲未就学児さんだと、ママのサポート次第でめちゃ跳ねます。我が子はトランポリンよりお好き♡

 

簡単だけど、効果大です!

 

子どもと一緒に楽しみながらバランスボールで宅トレ生活をエンジョイしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに今度オアシスカフェでバランスボールエクササイズをやります!

 

バランスボールを持っていないけど気になる! 体験してみたい!

 

そんな方は、ぜひお越しください!

 

【Oasis Cafe参加者募集】3/12(金)ママインストラクターによるママのための未体験エクササイズ!

 

この記事を書いたママライター

コメント

“ウィズコロナで宅トレブーム急加速!プロが教えるバランスボールのサイズの選び方&親子でできる内転筋エクササイズ” への1件のコメント

  1. あおむし あおむし より:

    この記事見てバランスボール買いました!イスがわりに使ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事