「ホメオパシー」ってなに?②ホメオパシーについてを知ろう~自然治癒力を高める~

ako ako

 

少しずつ暖かくなってきましたが、みなさま、体調はいかがですか?

 

前回、お話した「『ホメオパシー』ってなに?①」は、風邪などの症状についての内容でした。

 

「ホメオパシー」ってなに?①ホメオパシーについてを知ろう~症状ってなんだろう?~

 

今回は、①でも少し触れた、私たちの体に備わっている「自然治癒力」について書きたいと思います。

 

自然治癒力とは?

 

 

「自然治癒力」は、人間や動物が生まれながらに持っている、怪我や病気を治す力のことです。

 

切り傷がいつの間にか消えていたり、風邪がそのうち治るのは、私たちの「自然治癒力」によるものです。

 

私たちの体に何か異変が起こったり、バランスが崩れたりするときに、元の安定した状態に戻そうとする力、それが「自然治癒力」。

 

当たり前のことのようで、意識せずに体の中でそんな力が働いているなんて、すごいことだと思いませんか?

 

病院や薬が体を治す?

 

 

私たちの体には自然治癒力がある。

 

でも、傷口にすぐ薬を塗ろうとしたり、風邪を引いたらすぐ風邪薬を飲もうとするのはなぜでしょうか。

 

その方が、治りが早くなる、もしくは、「薬が傷や風邪を治してくれる」と思うから?

 

体に不調があれば、すぐに「病院に行こう」とするのも同じ気持ちから?

 

病院や薬がどんな作用をもたらすにせよ、私たちの体を治すのは「自然治癒力」の働きです。

 

なので、病院に行くことや薬を飲むことが、本当に「自然治癒力」を助けることに繋がっているか、考えてみる必要があると思います。

 

前回の記事で書いたように、自然治癒力の働きの表れである「症状」を止めてしまう、咳止めや解熱剤のような薬もあります。

 

もちろん、状況や程度によって、症状を止める薬が必要な時もあると思います。

 

でも、

 

「症状がなくなる=治った」

 

ではないのです。

 

何気なく使っているその塗り薬、飲んでいる風邪薬が、どんなものなのか?

 

「症状」をなくしているだけで、本来、外に出すべきものを体に溜め込もうとしていないか?

 

自然治癒力の働きを抑えてしまっていないか?

 

一度考えてみませんか。

 

自分の体を信じよう

 

 

 

風邪を引いた時、お腹が痛い時、つらい症状を早く止めたい、止めてあげたいと思ってしまいますが、

 

「自分の体には自然治癒力がある」

 

「症状は自然治癒力の働き」

 

一度考えてみるだけでも、病院や薬との付き合い方が少し変わるのではないでしょうか。

 

緊急の時は、病院や薬を頼っていいと思います。

 

でも、体に不調が出たら「まず病院」「まず薬」ではなく、

 

「これくらいなら、様子を見てもいいかな」

 

「これくらいなら、寝ていれば治るかな」

 

と、自分の体の働きに一度任せてみる。

 

まずは、自分の体に備わっている自然治癒力を信じてみましょう!

 

自然治癒力を高めるホメオパシー

 

自然治癒力を高めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

・バランスの良い食事を心がける、

 

・適度な運動をする

 

・体を温める

 

・ストレスを溜めない

 

など普段の生活でできることばかりですね。

 

 

そこに、「ホメオパシー」をプラスすることで、さらに丈夫な体作りをしてみませんか?

 

自然治癒力にダイレクトに作用するのが「ホメオパシー」。

 

ホメオパシーは「自然治癒力に働きかける」療法です。

 

症状を止めるでもなく、自然治癒力を妨げるでもなく、

 

「働いている自然治癒力を加速させる」もしくは「自然治癒力が弱まっている時に、もっと働くように促す療法」です。

 

「どんな風に働きかけるのか」は

 

次回記事「ホメオパシー」ってなに?③ ホメオパシーについてを知ろう~レメディのはたらき~

 

に詳しく書きたいと思いますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

免疫力もアップ!

 

 

風邪を引きにくい体になるために、よく「免疫力を上げよう」と言われます。

 

この「免疫」も自然治癒力の一種です。

 

免疫は、外部から侵入してきた病原体などを「異物」として認識して排除する防御機能です。

 

この防御機能が常に働いているおかげで、私たちの体は健康を保つことができます。

 

そしてホメオパシーは、この「免疫力を上げる」ことにも有効です。

 

免疫力を上げるためにできることは?

 

免疫も自然治癒力の一種ですから、自然治癒力を高めることと同様、食事や運動で体を整えて、細胞が働きやすい環境に保つことが大事です。

 

この免疫機能の担い手である「免疫細胞」は血液中を流れているので、血液をきれいにしておくことも大切です。

 

ホメオパシーで使われる「エキネシア」は、

 

「血液を浄化して自然治癒力を高める」

 

と言われています。

 

▲エキネシアの花

 

この他にも、ホメオパシーは「体の状態を整える」作用のある様々な物質を扱っています。

 

ぜひ、生活の中にホメオパシーを取り入れて、菌やウイルスに強い体づくりをしてみませんか?

 

コロナ禍にもホメオパシーを

 

 

コロナ禍と言われる状況が続く中、今年に入ってから「感染者増加」のニュースが頻繁に流れ、5~11歳の子どもへのワクチン接種も始まりました。

 

ワクチンについては、効果や副作用など様々な情報が飛び交っていて、お子さんへの接種について迷っている方もいると思います。

 

この記事に書いたことは、

 

「病気を防ぐ、病気を治すのは自分の体の自然治癒力」

 

ということです。

 

迷っている方は、一度立ち止まって、

 

「外から何かを入れて病気を防ぐ」前に、自分の体の「内側の力を使って病気に備える」

 

という視点を持ってみるのはどうでしょうか?

 

その方法は、この記事でも紹介しています。

 

いつも「自分の体は自分で守る」「子どもにもその力がある」と自信を持っていられたら、

 

流行しているウィルスの種類が変わっても、慌てることなく落ち着いていられるのではないでしょうか。

 

体の内側にある自然治癒力に働きかけるホメオパシーも、きっと力になれると思います。

 

特に、子どもという自然のエネルギーに満ち溢れている時代に、自然治癒力を思う存分生かして欲しい。

 

でも、風邪を引いたり、風邪を予防したりする時、子ども自身でその方法を選ぶことは難しい。

 

だから、お父さん、お母さんに「自然治癒力」を生かす方法を知って考えてもらえたら、うれしいです。

 

 

ホメオパシーの個別相談を受け付けます!

 

ご自分やお子さんのことでご相談したい方は、個別に下記までご連絡ください。

 

相談を受けるのはまだまだスタートしたばかりですが、一緒に勉強できたらと思います。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

山本 瑛子

 

JPHMA認定ホメオパス

 

https://jphma.org/homoeopath/h_ya/h_ya_47.html

 

akoyamamoto.homoeopathy@gmail.com

この記事を書いたママライター

コメントもらえると喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事