関西のジュラシックパーク!?和歌山県かつらぎ町の穴場スポット「 恐竜ランド&極楽洞 」へ行けばキミも探検隊長だ☆

川上 未来(くまみく) 川上 未来(くまみく)

和歌山県でかなり気になるスポットを発見!

 

このご時世、なかなか遠出ができません。

 

いつもの公園も我が子たちは飽きてきた・・・

 

近場で楽しめる日帰りおでかけスポットはないかな?

 

と探していたところ、見つけました!

 

伊都郡かつらぎ町にある 「小原洞窟恐竜ランド」

 

昨年7月29日の 読売テレビ「関西情報ネットten.」 内のコーナー

 

Let’s GO!! 若一調査隊」にて紹介されていました!

 

情報ネットtenで紹介された恐竜ランド

▲公式サイトより引用

 

和歌山県でおでかけスポットといえば、

 

白浜やアドベンチャーワールドが有名です。

 

【こどもと旅行】隠れパンダはどこだ⁉︎映えるヴィレッジ♡白浜へ行くならパンダヴィレッジに泊まるべし

Jeepでサファリツアー&ライオンに餌やりなら、歳の差兄弟でも楽しめる♪@白浜アドベンチャーワールド

しかし、かつらぎ町はまだ行ったことがない!

 

こんな面白そうなところがあるんだ!

 

と知り、家族で早速おでかけしてきました。

 

険しい山道の先には…

 

和泉市からは車で1時間30分もかからず行くことができます。

 

ただし、山道なので、車で酔いやすい方は酔い止め必須。

 

通行規制

▲道幅が狭いところは対向車を交わせないよう信号機が設置

 

カーブが多く、道幅が狭いところもあるので、十分気をつけてください。

 

雪道

▲なんとこの日は雪が!スリップ注意!

 

険しい山道を進んでいくと・・・

 

恐竜ランドに到着!!

 

恐竜ランド入り口

 

到着すると、恐竜の鳴き声が響いていて、臨場感たっぷり。

 

 ディブロドクスという恐竜がお出迎えしてくれます!

 

恐竜のお出迎え

▲迫力に圧倒されます!!

 

小原洞窟のなかへGO!

 

恐竜ランドは小原洞窟の中にあります。

 

小原洞窟入口

▲洞窟の入り口にもたくさんの恐竜たちが!

 

こちらの洞窟は、昭和37年まで鉱山として使われていた坑道を恐竜ランドとして改装。

 

中へ入るときは頭を守るため、ヘルメット着用が勧められています。

 

ヘルメット

▲ヘルメットは入口に

 

洞窟内は地面が濡れているので、

 

怪我防止のために服装はズボン、スニーカーで行きましょう。

 

いよいよ洞窟内へ!

 

洞窟

▲5歳息子が探検隊長になっていざ潜入!

 

外は雪も残る1月下旬に行ってきましたが、

 

洞窟内を進むにつれて外より暖かく感じます!

 

夏は、うちわもいらないほど涼しいのだそう。

 

白亜紀にタイムスリップ!?

 

洞窟の中には、たくさんの恐竜がいます。

 

子どもたちは大興奮!

 

トリケラトプス

 

 

肉食恐竜

▲迫力満点のカッコイイ肉食恐竜たち!

 

トリケラトプスやティラノサウルスなどの恐竜たちがあちこちにいます。

 

動く恐竜もいるので、リアルさが増して、圧倒されます!

 

恐竜

 

これはほんの一部。

 

洞窟内にはまだまだたくさんの恐竜たちがいます!

 

洞窟内を楽しみながら探検できる!

 

洞窟内では、スタンプラリーができます。

 

▲スタンプの紙は持ち帰ることができるので記念になりますよ!

 

スタンプは全部で7つ。

 

頑張って探してみてくださいね!

 

岩の重さ当てゲーム!?

 

檻の中には岩があり、重さを予想します。

 

その予想した重さを入場券の裏に記入し、売店レジに持っていきます。

 

重さ当てゲーム

 

予想が当たると、景品があります!

 

ぜひ、チャレンジしてみてください♪

 

我が家は予想が当たり、景品ゲットしました!

 

癒しスポット満載!

 

滝

▲光に照らされて神秘的

 

鉱山洞窟の中では日本一といわれるのぞきの滝があります。

 

落差はなんと23m

 

上下から水が流れる様子を見ることができます。

 

鉱石

 

また、洞窟内には珍しい「蛍石(ほたるいし)」が展示されています。

 

とてもキレイですよ!

 

恐竜だけじゃない!泣く子も黙る極楽洞も見どころ満載

 

さらに進んでいくと、恐竜ランドとは別の展示があります。

 

それが極楽洞(ごくらくどう)です。

 

金棒

▲勇気と力を授かりたい息子(笑)

 

鬼に金棒!?

 

こちらは触ると、勇気と力をもらえるようです!

 

釜茹で

 

奥の門をくぐって進むと・・・

 

罪人たちが鬼に釜茹でにされているー!!!

 

閻魔大王

▲舌きりじゃ~釜茹でじゃ~って言っている声が

 

さらには、地獄で一番偉い閻魔大王がいました。

 

これらを見た我が子たち、

 

怖い!

 

と固まり、目を伏せていました。

 

橋

▲閻魔大王の隣のごくらく橋で耳を塞ぐ息子

 

小さい子どもはちょっとトラウマになっちゃいそうですが、

 

安心してください。

 

極楽

 

ちゃんと天国もありますよ!

 

お地蔵様もいますので、最後はお詣りしていきましょう。

 

菩薩様

 

鏡の前に立つと、鬼か菩薩様かどちらかが現れるコーナーもあります。

 

あなたはどちらがでるか?

 

ぜひ挑戦してみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

「恐竜ランド」はちょっとカオスな洞窟ですが、

 

大人も子どもも楽しめるオススメスポットです。

 

恐竜好きな子どもなら喜ぶこと間違いなしです!

 

ただし、山の中にあるため、天候の乱れ(雪や台風など)や土砂崩れの恐れがある場合、

 

休館になる可能性もあります。

 

行く際にはホームページ等で確認をしていきましょう!

 

▶入場料

大人・・・900円

小人( 3才 ~ 中学生 )・・・  600円

乳幼児・・・無料

小原洞窟恐竜ランド&極楽洞 ADDRESS
643-0611 和歌山県伊都郡かつらぎ町花園梁瀬1020
TEL
0737-26-0836
OPEN
9:00~17:00
CLOSE
3月~9月末は無休(10月~2月末の期間は木曜日休館。祭日は除く)
ACCESS
【電車】JR和歌山線笠田駅から徒歩10分 【車】阪和自動車道岸和田和泉ICから国道480号経由で約60分
PARKING
無料平面駐車場有 100台以上収容可
小原洞窟恐竜ランド&極楽洞HP>>>

この記事を書いたママライター

コメントもらえると喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事