大阪エヴェッサの本拠地!舞洲緑地は海と緑に囲まれたレジャースポットです

あおむし あおむし

遊ぶとこいっぱい!海と緑のレジャースポット舞洲

 

大阪市此花区にある舞洲(まいしま)は、夢洲(ゆめしま)、咲洲(さきしま)とともに臨海部開発計画の一環でつくられた人工島。

 

・テニスコートや野球場などのスポーツ施設

 

・BBQや宿泊などのレジャー施設

 

・公園や遊歩道などの散策施設

 

などがそろっています。

 

舞洲地図

舞洲スポーツアイランドサイトより画像引用

ちなみに、舞洲アリーナはバスケの大阪エヴェッサが本拠地。

 

セレッソ大阪の練習場や、オリックス・バファローズの練習拠点もあります。

 

オリックス拠点

 

さて、今回ご紹介するスポットは、舞洲の子連れで遊べる場所。

 

海の近くの公園 舞洲緑地

 

舞洲緑地は、海と緑に囲まれた広い公園です。

 

ローラー滑り台が目玉の大型遊具があります。

 

ローラー滑り台

 

さすが海の近く、公園内には灯台のモニュメントも。

 

灯台

 

芝生が敷かれているので、お弁当をもってピクニックもいいですね。

 

芝生

 

歩き始めの子にもうれしい。

 

バイクにまたがる1歳児

▲大型遊具のそばに木陰とベンチがあるのは、親にうれしいポイント。

 

公園のすぐそばには海が広がっているので、自転車の練習なんかもしやすいですよ。

 

海辺

 

芝滑りができる!新夕陽ヶ丘公園

 

こちらの公園は小高い丘があるので、見晴らしがいいです。

 

段ボールかおしりに敷くグッズをもっていけば、芝滑りもできます。

 

公園遠目から

 

ちなみに公園の目の前には、大阪まいしまシーサイドパークがあります。

 

2013年から毎年「大阪舞洲ゆり園」が開催されていた場所なので、ご存知の方もいるかもしれません。

 

このゆり園、私も一度行ったことがあるのですが、2018年の台風21号で壊滅的な被害を受け閉園したそうです。

 

で、2019年に100万株のネモフィラを観賞できる施設に変身!

 

が、2020年はコロナの影響で「ネモフィラ祭り」は中止に・・・

 

GW前後に、人がいない中ネモフィラは満開だったようですが、来年に期待ですね。

 

ランチはぜひ舞洲食堂へ

 

物流拠点でもある舞洲で働く人たちのための食堂があります。

 

それが「舞洲食堂」

 

看板

 

昨日ママオアシスでもご紹介しましたが

 

・平日のみオープン

・ワンコインランチ

・佐川男子も納得のボリューム

 

とにかく一度行ってみてほしいところです!

 

舞洲食堂の記事はこちら>>>

 

場所は、大阪市・八尾市・松原市環境施設組合舞洲工場のすぐ近くのファミマの上。

 

カウンター席から臨むゴミ処理施設

 

このド派手なゴミ処理施設、だいぶ前に大阪の税金の無駄遣いとニュースになっていました。

 

そう、元々は大阪市の持ち物だったんです。

 

調べたところ、2015年から大阪市・八尾市・松原市の環境施設組合に移管されたようですね。

 

話がそれましたが、舞洲には飲食店がほとんどありません

 

お弁当を持っていくか、舞洲食堂で食べるかがおすすめですよー!

関連記事