夏休みの宿題助け隊!元国語教師のママライターが伝授する「伝わる読書感想文の書き方」

しんかなちゃん しんかなちゃん

夏休みの宿題は、子どもの力だけでやってほしい。

 

でも読書感想文はそうはいかない、ってことはありませんか?

 

ママオアシスライター内で聞いてみたところ

 

「本の選び方を失敗した」

「書き方を説明するのが難しい」

「原稿用紙内におさまるよう調整した」

 

など、苦戦した声が。

 

私は、元国語の先生。

 

これまで、たくさんの読書感想文を見てきた経験を活かし

 

①本の選び方

②読書感想文の書き方

 

のポイントをお伝えします。

▲今回は、読書感想文が初めて、または苦手な子ども向けのこの本を参考にしています。

 

本はどこで探せばいい?

 

読書感想文の本を選ぶなら大型書店がオススメです。

 

堺市のイオンモール堺鉄砲町店の本屋なら、キッズコーナーが設置♪

 

これなら、ゆっくり本を選べますね♡

 

ちなみに、イオンモール堺鉄砲町店にはこんなお店も!

キッズスペースがあるタリーズコーヒー>>>

食べ放題のパン屋さん>>>

 

 

本はどうやって選べばいい?

子どもが本を選ぶ前に、次の条件を伝えましょう。

【本を選ぶ条件】
①子どもが気に入った(興味がある)本
②子どもが最後まで読める本

とはいえ、本選びに悩んでいたらお助けを!

 

【ケース 1 】 興味がある本がわからない場合

本のジャンルは、フィクション(物語)とノンフィクション(伝記、ドキュメンタリーなど)があります。

たとえば好きなスポーツ選手がいるなら、その選手が書いたノンフィクションを提案してみては?

 

【ケース 2 】 最後まで読める本かわからない場合

本屋さんにある読書感想文用の課題図書や推薦図書といったコーナーの本は、小中学生向け。

そこに気に入った本がなければ、「角川つばさ文庫」「青い鳥文庫」といった「ジュニア向け文庫」を提案してみては?

読書感想文を書く前に

そもそも読書感想文って何?

 

それは、

 

「本を読んで、自分がどう考えどう思ったかを書く作文」

 

書くことで、「人に的確に伝える力」が身につくものです。

 

では、自分の考えを的確に伝えるにはどう書けばいいのでしょうか。

 

これを子どもに説明するために、2つの便利アイテム(①「構成の見える化」原稿 ②ブロック原稿)を作成してみましょう。

 

ちょっと面倒くさいかもしれません。

 

でも、原本を残して、コピーして使えば毎年使えますよ♡

 

【用意するもの】

・ペン

・はさみ

・ふせん・・・字が書き込めるもの(細長・四角どちらでも)

・原稿用紙・・・練習用3枚×2セット・清書用3枚

 ※小学生だと3枚ずつ、中学生だと5枚ずつご用意ください。

 ※清書用は、学校で配付されていればそちらを使いましょう。 

 

 

便利アイテム① 「構成の見える化」原稿

 

赤ペンで、練習用の原稿用紙3枚を半分ずつ囲い、写真のように書き込みを。

 

原稿用紙5枚の場合は、原稿用紙半分(200字)
ずつ、承と転と結を増やしましょう。

※200字分余りますが、ここは調整で使いましょう。

 

読書感想文の構成は、小学校低学年なら「はじめ・なか・おわり」の三つ

 

高学年以上なら「起・承・転・結」の四つで説明を。

 

それぞれのまとまりの内容・字の分量がわかりやすいですね♡

 

 

便利アイテム② ブロック原稿

 

赤ペンで残りの練習用原稿用紙3枚を3行ずつ囲み、写真のように書き込みを。

▲3行ずつ囲むと20ブロックできます。

 

これを先ほど作った「はじめ・なかおわり」又は「起・承・転・結」ごとにハサミで切り分けます。

 

1ブロックごとに切ってもいいですね。

 

「1にタイトル、学年と組、名前を書くよー」

「2,3,4に書くのは、本を読むきっかけ・理由やったねー」

 

このように、「構成の見える化」原稿を見せながら、説明しましょう。

 

あとは、子どもが本を読んで、切り分けたブロックにその内容を書いていけばOK!

 

 

ピンチのとき、ふせん

 

でも、読書感想文が初めて、苦手な子どもにはまだ難しいかも?

 

その場合は以下の2つのテクニックを使ってみてください!

 

① 「質問&ふせん法」

 

これは、おうちの方が子どもに質問し、その答えをふせんにメモしていく方法です。

 

・本を読む前に質問→ふせんメモ作成

「本を読んだきっかけと理由は?」

 

・本を読んだ後に質問→ふせんメモ作成

「本を読んで考えたことは?」

 

と、起承転結ブロックごとの内容の質問をします

 

 

② 「ふせん法」

 

こちらは子どもだけでできる方法です。

 

本を読む前と読んでいる途中に、起承転結ブロックごとの内容の質問に回答し、ふせんにメモしていきます。

 

できあがったふせんメモは、「構成の見える化」原稿に分類して貼っていきます。

 

ふせんを使うと、ブロック原稿に書き込みしやすいですね。

 

字の分量は多少オーバーしてもOK!

 

 

さぁ、ラストスパート!

 

書き込みができたら、推敲へ。

 

【チェックポイント】

・文体の統一はできているか(だ・である/です・ます)  

・誤字脱字はないか  

・文のねじれはないか 

・人を傷つけることは書いていないか 

・原稿用紙の使い方は間違っていないか

・習った漢字を使えているか

・字は読みやすいか

 

チェックできたら、いよいよ清書用の原稿用紙に。

 

ここまで、おうちの方も子どももお疲れさまでした。

 

最後に、子どもに魔法の言葉をかけましょう。

 

「この本と出会えてよかったね」

 

この記事を書いたママライター

関連記事