小さいけれど大きな循環!家庭でできる「LFCコンポスト」で生ゴミを減らしてエコ生活!

じゅんりん じゅんりん

今月、オアシスカフェで環境活動家の谷口たかひさ氏による気候危機のお話し会を開催しました。

 

【オアシスカフェレポ】地球を守ろう!環境活動家 谷口たかひささんの気候危機のお話会@高石市

お話し会後のライターランチ会で、ふとこんな一言が耳に入りました。

 

「日常に置き換えたエコへの取り組みが知りたい」

 

た・・・確かに!

 

家庭でできるエコな取り組みってどんなものがあるのか知りたいですよね。

 

そこで今回は私が行っているエコ生活の一つ、「LFCコンポスト」をご紹介します。

 

LFCコンポストとは?

 

今回のコンポストとは、有機物を微生物の働きで分解させて、堆肥にする処理方法のことをいいます。

 

LFCコンポスト

 

有機物家庭で出る生ゴミです。

 

つまり、家庭で出る生ゴミをゴミの日に出すのではなく、コンポストに投入し、植物や野菜を育てる為の堆肥に変身させちゃうということ。

 

LFCは何の略かと言うと…

L=ローカル

F=フード

C=サイクリング

 

生ゴミが野菜へと生まれ変わる、家庭の中の食の循環が「LFC」なのです!

 

LFCコンポストって実際にはどんなもの?

 

手順は簡単!

 

バックの中に専用の紙袋と「基材」という分解を促す物をセットします。

 

LFCコンポスト

▲ベランダや玄関先に置いても可愛いデザイン

 

このバックは、ペットボトルや廃プラスチックから作られたリサイクル素材を使用しています。

 

LFCコンポスト

▲セット完了。

 

中に入っている土の様なものが分解を速める独自の配合基材です。

 

紙袋はコンポストの快適な水分量の調整をサポートする専用品となっています。

 

生ゴミを1日300グラムほど投入し、1日一回混ぜる。

 

紙袋の口をとじ、鞄のチャックをしめる。

 

LFCコンポスト

 

これを2ヶ月間繰り返します。

 

生ゴミを投入し、2ヶ月経過すると熟成期間に入ります。

 

週に一度ほどかき混ぜ、三週間熟成させます。

 

これで堆肥の完成。

 

え、簡単!

 

そう、めちゃくちゃ簡単なんです!

 

LFCコンポストのセットを入手しよう!

 

商品はLFCコンポストのサイトから購入します。

 

LFCコンポスト

 

コンポストセットは、2ヶ月間のゴミを堆肥に変える定期便と、初めての方向けの3週間体験キットがあります。

 

やる気マンマン定期便

 

定期便は初回に専用バックがつき、二回目のお届けからは専用紙袋と基材のみが届きます。

 

LFCコンポスト

LFCコンポスト

 

一度トライしてみたい!体験版

 

3週間のコンポストチャレンジができる体験版は、ファスナーがついていない専用バック、基材、紙袋、土、季節の種がついたセット品。

 

LFCコンポスト

3週間生ゴミを投入して、2週間熟成したら堆肥のできあがり!

 

バックを折り返すとプランターに変身。

 

そのまま付属の土と種でベランダ菜園ができちゃう優れものです。

 

LFCコンポスト

初めての方も、見た目も可愛いコンポストチャレンジで気分も上がるはず!

※画像はLFCサイトより

 

季節ごとや毎月届くお便りも読みごたえがあり環境への意識も高まりますよ。

 

LFCコンポスト

 

準備物もシンプル

 

事前に準備しておくものはこちら。

 

・混ぜる為のスコップ(細身がおすすめ)

・専用バックの下に通気性が確保できるプランター台やカゴなど。

 

LFCコンポスト

 

実際に我が家では、カゴに乗せて雨のかかりにくいベランダに倒置しています。

 

堆肥ができたら家庭菜園にチャレンジ

 

こちらが出来上がった堆肥です。

 

LFCコンポスト

 

卵の殻など分解されにくいものは形が残っています。

 

熟成期間を経て出来上がった堆肥は、堆肥1:土3の割合で混ぜ、家庭菜園に挑戦してみてくださいね。

 

LFCコンポスト

 

土と堆肥を混ぜ混ぜ〜♪

ワクワクします!

 

最初に挑戦したのは小松菜!

 

子どもと一緒に種をまき、芽が出たのは3日後くらいとすぐでした。

 

LFCコンポスト

 

間引いてサラダや味噌汁に投入。

 

LFCコンポスト

 

ここまで育ってから、朝見ると根元が折れてしまっていて、お浸しにして大切に頂きました。

 

LFCコンポスト

 

食べ物を育てるって、とっても難しい!!

 

ですが初めての循環に子どもと一緒に感動!

 

と言いたいところですが、感動しているのは母のみ。

 

子どもには、

「野菜を育てるの難しいんだね」

「自分で作った土で野菜を作るなんて凄いことだよー!」

と、伝え続けてやっと伝わるのかなぁと感じました。

 

始めやすいのがLFCコンポストのいいところ!

 

困った時や疑問を解決するのがLINE

 

“こんな時はどのようにするのかな!?”

 

“この時期に堆肥ができたら、何の野菜を育てることができるのかな?”

 

“これは投入して良いの!?”

 

など、さまざまな疑問を解消してくれるのが「LFCのホットLINE」。

 

LFCコンポスト

 

サポーターが丁寧に疑問に応えてくれますよ。

 

私は初めての家庭菜園の為、初めてでもできる野菜を質問しました。

 

手厚いサポートで、より始めやすいですね!

 

ズボラでもできる!

 

私は本当に大雑把で。

 

毎日生ゴミごみを投入したり混ぜたりできるか不安でした。

 

さらに、長めの旅行に行くときはどのようにするのか疑問に思い聞いたところ…

 

「お休みされても問題なくいつでも再開できるのがコンポストの良いところ!」との返信が。

 

これはズボラでも出来ること間違いなし!

 

我が家ではできた堆肥を使うスピードがゆっくりの為、現在は2ヶ月定期便コースを3ヶ月コースに切り替えて継続中です。(サイトより変更が可能)

 

知ってほしい、ゴミのこと。

 

ゴミ処理にかかる費用は実は…

 

ゴミの処理には私たちが納めている税金が使われていて、一人あたり年間でおよそ14000円がゴミの処理に使われているのだそうです。

 

家族の人数分で換算すると、ただゴミを処理するだけなのに、すごい額になりますよね。

 

少しでもゴミを減らす努力をしたいものです。

エコの第一歩、ゴミ問題参考

 

ゴミの最終処分場は埋め立てである

 

これ以上再利用できないゴミやゴミを焼却した灰は山間部などにある最終処分場に埋め立てられるのだそう。

 

その埋め立て地はあと数年でいっぱいになると言われていて、新たな処分場の為に山を切り崩すと環境破壊に繋がります。

 

また、水分を多く含む生ゴミは焼却で大きな環境負荷を生みます。

 

コンポストを使うことは、ゴミを減らし、家庭でできる二酸化炭素削減の貢献、環境を守る素晴らしい活動なんです!

 

何からしたら良い?迷ったらLFCコンポスト

 

環境の為に、何かしたいけど何からして良いか分からない時、この可愛くて便利なコンポストチャレンジはいかがでしょうか?

 

きっと自分で育てた野菜や植物がとても愛しく思えるはず。

 

LFCコンポスト

 

そしてお子様と一緒にチャレンジすることで、野菜を育てる難しさ、食の大切さを伝えるチャンスにしましょう!

 

ぜひ、エコ生活の1つに取り入れてみて下さいね!

この記事を書いたママライター

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事