堺旅にオススメ!「SAKAINOMA Cafe & Residence」に子連れで宿泊しよう

しんかなちゃん しんかなちゃん

堺観光にオススメの宿泊施設ってないの?

以前ママオアシスで紹介した「SAKAINOMA Cafe&Residence」

カフェと宿が併設されているのですが、前回はカフェを中心に取り上げました。

 

今回は、宿に家族(夫婦と0歳児の3人)で宿泊してきたので、その様子をご紹介します。

 

きっかけは世界遺産登録

 

2019年7月。

 

百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に登録されましたね。

 

これを機に、歴史・伝統産業のまち「堺」への旅行客が増えるのでは?

 

刃物、線香、和菓子、和ざらし、自転車。

 

与謝野晶子、千利休。

 

古墳以外にも観光スポットがいっぱいの堺。

 

元堺っ子のライター、堺の観光スポットはほとんど行ったと自負しております(笑)

 

じゃあ、堺観光にオススメの宿泊施設ってないの?

 

できたらオシャレで、便利で、子どもと泊まれて……

 

そんな願いを叶えられる宿泊施設が、サカイノマです。

 

観光スポットが徒歩圏内

 

最寄りの駅は、チンチン電車こと阪堺電車の「大小路電停」。

 

南海高野線「堺東駅」と南海本線「堺駅」の間に位置し、交通アクセスが良いんです。

 

また、「さかい利晶の杜」「茶寮つぼ市製茶本舗」などの観光スポットが徒歩圏内にあるのもポイントが高いです♡

さかい利晶の杜の記事はコチラ>>>

茶寮つぼ市製茶本舗の記事はコチラ>>>

 

堺初・町家を利用した宿泊施設

 

大小路電停から歩いて1分、「熊」と書かれた提灯が目印。

 

チン電沿いに、黒を基調にしたおしゃれなカフェ&バーがあります。

▲堺の街並みになじむお店

 

サカイノマは、平屋の日本家屋、いわゆる町家をリノベーションした建物。

 

入り口には、堺の観光情報がたくさん書かれたボードが。

▲堺のイベント情報が盛りだくさん!

 

まず、カフェにいるスタッフに声をかけチェックイン。

 

チェックインを終えたら、宿に案内されます。

 

宿へは、カフェ横の通路をまっすぐ進みます。

▲タイムスリップしたような気分になる通路

 

町家特有の細長い通路の先にあるのは、わずか6畳の間を有する「母屋棟」と「離れ棟」の2部屋。

 

2つの棟は内装が異なり、それぞれの良さを楽しめます。

 

私は「母屋棟」に宿泊。

 

ちなみに、今回ご紹介しているのは、個室タイプの「SAKAINOMA Cafe&Residence 熊」。

 

同じくチン電沿いに、1棟タイプの「SAKAINOMA Cafe&Residence 錦」もありますよ。

 

いざ、部屋へ!!

 

ガラガラガラ。

 

引き戸を開けると木のよい薫りがします。

 

ちなみにこの扉、オートロック式なので、防犯面も安心です。

 

靴を脱ぎ、日本の玄関の顔「上がり框(かまち)」へ。

 

最初に目にしたものは……

 

うわあ、おしゃれ

▲ドライフラワーに、夏を感じさせるスイカの置物が可愛い

▲シンプルで清潔感あふれる洗面所とシャワー室

▲シャンプーやソープ類が全てマーク&ウェブという贅沢さ

▲アメニティが和風で上品さを感じる

 

6畳の間へ続く扉を開けると、風情ある日本庭園が!!

▲宿泊客が独り占めできる日本庭園

 

部屋を見渡してみると、格子窓、紋模様入りの押し入れ、障子・・・

 

ザ・和風なたたずまい。

▲電灯が反射して映る様は「夏の蛍」

▲よく見ると押入れは紋模様だったり、と細部まで魅力的

 

そして上質なインテリアたち。

▲歌川広重の本が広げられているところが憎い演出。

 

テーブルの上には、堺や大阪の情報誌!

 

これは嬉しい心遣い!

 

観光に役立ちます。

 

▲パネルも部屋の雰囲気に◎

 

あ、パネルの前に「tsumi-ishi」が並んでいます。

 

吉野杉やヒノキで作られた多面体ブロックは、インテリアとしても、子どもの知育玩具としても有名。

 

さっそく、我が子が遊んでいます(笑)

▲夢中!我が子の心をわしづかみ(笑)天然塗料の積み木なので安心

 

初旅行に、我が子はテンションMAX

 

テーブルを叩いて上機嫌です。

※本・紙類は片付けました。

▲どんどこどんどん、どんどん祭りの始まりです(笑)

 

喜んでくれているようで、連れてきてよかったです!

 

昼はカフェ、夜はバー

 

夜になると、サカイノマカフェはおしゃれバーに変身。

 

ライトアップで、また違った雰囲気が楽しめます。

▲ふらっと立ち寄りたくなってしまいます

▲「きれいだねー」思わずうっとりする親子

 

夜の堺のまちを散歩する

 

夕食後、シャワーを浴び家族で散歩へ出かけます。

 

まずは、一番近い堺の観光スポット、ザビエル公園

 

次に、さかい利晶の杜へ。

 

小嶋屋のけし餅」が食べたいな。

 

まっすぐ進めば、「かん袋のくるみ餅」がある。

 

と思いながら店を通過。

 

どこも夜は閉店していました(笑)

 

それから、与謝野晶子の生家跡へ。

 

歌碑には

「海こひし 潮の遠鳴り かぞへつつ 乙女となりし 父母の家」

 

詠みあげたあと、国語の教科書で習ったことを思い出しました。

 

晶子は、堺を離れたあとも、堺のまち(父母の家)を恋しく思い出したのでしょう。

 

夏の夜風の気持ち良さ。

チンチン電車の走行音の静けさ。

かすかな潮の香り。

ネオンで明るすぎない夜の堺のまち。

 

私が育った堺のまちは、晶子の思い出す堺とはだいぶ異なるまち。

 

でも、堺を離れ、堺のまちを恋しく思う気持ちは、よく似ているかもしれない。

 

夜の堺のまち観光もいいものですね。

 

我が子はベビーカーで爆睡。

 

初めての旅行に、はしゃぎすぎて疲れたようです。

 

贅沢な朝の時間

 

朝日が差し込んで、最初に目にする美しい日本庭園。

 

朝食はベーグルサンド。

 

本来はカフェで朝食を食べるのですが、小さな子どもがいるため、スタッフの心遣いで部屋まで運んでくださいました。

 

なんだか素晴らしい1日が始まりそうな予感がします。

▲スタッフの心遣いと美味しいベーグルサンドに感謝♡

 

スタッフによると、観光目的の宿泊客は増加傾向とのこと。

 

今後注目される「堺旅」には「SAKAINOMA Cafe&Residence」がオススメですよ!

 

 

【SAKAINOMA Cafe&Residence】

ADDRESS
堺市堺区熊野町西1-1-23

TEL
072-275-7060

ACCESS
阪堺線「大小路電停」より徒歩約1分
南海本線「堺駅」より徒歩約10分

OPEN
Cafe 11:00~19:00(L.O.18:30)
Bar 木金土19:00-23:00(L.O.22:30)

CLOSE
なし

PARKING
あり

※場所については直接お店にお問い合わせください

 

Home Page

Facebook

Instagram

 

この記事を書いたママライター

関連記事