【子育てお役立ち情報】畑からノンストップでお届け!新しい八百屋さん「tsutaebito」

ホーリー ホーリー

日々の食事、子どもには少しでも新鮮安心なものを食べさせたいと思いませんか?

そんなママに朗報です!

 

採れたてで安心なお野菜を移動販売しているtsutaebito(つたえびと)をご紹介します。

 

本当においしい野菜を味わう

 

tsutaebitoの野菜は有機栽培無農薬栽培のものばかり。

※みかんなど一部低農薬のものがあります。

 

毎朝農家さんを回り、その日採れたての野菜を車に乗せて移動販売しています。

 


▲目を惹かれる可愛い車です

 

「ハウス栽培のものもあるんですか?」

 

と質問してみたところ、「温室」という意味でのハウス栽培のものはないそうです。

 

どういうことかというと、たとえばトマトはあまり水を与えすぎない方が美味しくなります。

 

そこで、梅雨の時期の雨を避けるためにハウス栽培することがあります。

 

でも、年中いつでも出荷するためのハウス栽培はされていません。

 

ですから、tsutaebitoで売られているのは旬の野菜ばかり

 

ちなみにtsutaebitoのトマトは、スーパーにたくさんトマトが並ぶ1〜2ヶ月前から夏にかけてしか手に入りません。

 

 

このように、tsutaebitoでは本当に旬で、しかも採れたての野菜が手に入るんです。

 

ママにも子どもにも食育!?

 

tsutaebitoの魅力はそれだけではありません。

 

普段あまり見かけない野菜が手に入ります。

 

たとえばこの野菜たちの中で…

 

 

これはご存知ですか?

 

 

これ、茎レタスというそうです!

 

そんな未知の食材、どう調理していいかわからないですよね・・・

 

レタスだからサラダ…?と思っていたら

「薄く切って炒め物にすると美味しいですよ」

と教えてくれました。

 

私も以前、tsutaebitoで「ツタンカーメン」という品種の豆を購入しました。

 

さやが紫色なんです。

 

「豆ご飯を炊くときに、さやを入れてるとお米がほんのりピンクに色づきますよ」
と教えてもらい…

 

 

見事に薄ピンクのご飯になりました。

 

▲少しだけ余っていた黒米を入れたので、薄紫っぽくも見えますが。

 

こういった対面でのやり取りができるのもtsutaebitoの魅力だと思います。

 

子どもと一緒にお買い物すれば、食育にもなってとても楽しいですよ!

 

tsutaebito、 どこで会える?

 

最後にtsutaebitoの販売ルートをご紹介します。

 

堺のママが行きやすいのは火曜日でしょうか。

 

11:30〜13:00頃に白鷺のおうちカフェモモ、13:30〜15:00頃に三国ヶ丘の人気カフェ「ゼルコバ食堂」まで来られています。

 

毎月第3金曜日中百舌鳥で開催している堺ママ活カフェにも、お昼12時頃に来られていますよ!

 

水曜日は帝塚山のオーガニック系のお店を回っているようです。

 

ほかにも八尾や貝塚、浜寺や住之江など、南大阪のいろいろな場所でtsutaebitoに出会うことができます。

 

詳しくはこちらの販売スケジュールのページをご覧下さい。

 

美味しくて新鮮、安心なお野菜を、ぜひお子さんと一緒に買いに行ってみて下さい!

 

【tsutaebito】

HPはコチラ>>>
blogはコチラ>>>
FBページはコチラ>>>
Instagramはコチラ>>>

この記事を書いたママライター

コメントもらえると喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事