【2022年最新】「保育園落ちた日本死ね」から6年。待機児童減少の裏で隠れ待機児童の存在

編集長 檜垣葵 編集長 檜垣葵

世間を賑わせた「保育園落ちた日本死ね」騒動を覚えていますか?

 

待機児童問題2022

▲投稿されたのは2016年2月

 

この30代前半女性のブログは、同じ境遇の女性の共感を呼び、当時話題となりました。

 

政府(当時安倍政権)が掲げる「1億総活躍社会」に反して、浮き彫りとなった「待機児童問題」。

 

「日本死ね騒動」から6年経った今、待機児童数はどうなっているのでしょうか?

 

待機児童問題2022

 

2022年、日本の待機児童問題はどうなった?

 

ママオアシス読者だと、結婚・出産を理由に辞職したり産休育休中だったりで、今現在は働いていない人もいるかと思います。

 

でも日本全体で見てみると、共働き世帯は6割を超えています。

 

待機児童問題2022

 

働く人が増えているということは、子どもを預ける人も増えているはず。

 

調べてみると、やはり保育所等を利用する児童数は年々増加しており、2021年4月時点で274万人。

 

前年より5万人増加していました。

 

一方、気になる待機児童数ですが、なんと年々減少しています!

 

前年より6805人減少し、5634人という結果でした。

 

待機児童問題2022

参照:厚生労働省「保育所等関連状況取りまとめ」(令和3年4月1日時点)

 

大阪府の待機児童問題は?2022

 

とはいえ、全国的にみて待機児童が減少していても、地域差がありそう。

 

特に大阪のような都会ではどうなっているのでしょうか?

 

調べてみると、保育所等を利用する児童数は年々増加し、18万6037人(前年より4054人増加)。

 

一方、待機児童数は半減して1175人(前年より1029人減少)。

 

まだ1000人以上いるとはいえ、大阪でも待機児童は大幅に減っているようです。

 

参照:大阪府「保育所等利用待機児童者数の状況について」(令和2年10月1日時点)

 

堺市の待機児童問題は?2022

 

では、市区町村レベルの自治体で見てみるとどうでしょうか?

 

私が住んでいる堺市についても調べてみました。

 

保育所等を利用する児童の数は年々増加し、1万8730人(前年より80人増加)。

 

そして、なんと堺市は2021年、初の待機児童ゼロを達成!

 

前年より11人減少して0人となったようです。

 

待機児童問題2022

参照:堺市「認定子ども園等利用待機児童数を公表します」(令和3年4月1日時点)

 

数字に表れない「隠れ待機児童」の存在

 

でもちょっと待ってください。

 

この待機児童数の調査に含まれない「隠れ待機児童」がいるのをご存知でしょうか。

 

隠れ待機児童

 

そもそも「待機児童数」って、認可園に申し込んで落選した子どもの数というイメージがありますよね。

 

でも実際は、認可園を落選しても「待機児童数」に含まなくてい場合が5つあるんです。

 

隠れ待機児童

 

ちょっと難しいですけど、たとえばこんな場合です。

 

・兄弟と同じ認可園に入れず、やむなく育休を延長した

・認可園に入れなくて、やむなく家から1時間もかかる認可外園に通っている

 

こういったパターンは、「待機児童数」に含まれません。

 

実際、2020年東京の世田谷区が待機児童ゼロを発表した直後、SNSで「うちは待機通知書がきている」という書き込みが散見されたということもありました。

 

隠れ待機児童

 

それに、認可園に落ちたけどリモート勤務だから復職した場合も、隠れ待機児童にあたります。

 

子どものそばで仕事をし、認可園入園を申請し続けているというパターンです。

 

こうなると、「待機児童ゼロ」という言葉に安易におどらされてはいけませんね。

 

働きたいパパママが納得する形で子どもを預けるのは、まだまだハードルが高いことかもしれません。

 

 

この記事を書いたママライター

コメントもらえると喜びます

“【2022年最新】「保育園落ちた日本死ね」から6年。待機児童減少の裏で隠れ待機児童の存在” への2件のフィードバック

  1. アバター のりたまママ より:

    預けて働きたいけど、保育園預けられなさそうだから申し込みしないって人も多そう。
    かくいう私もその一人。

    • あおむし あおむし より:

      >のりたまママさん
      コメントありがとうございます!
      それめっちゃわかりますー!私もそうでした。
      「そろそろ働いちゃおっかな!」って気軽に働ける世の中になってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事