芝生の丘が心地いい!二色の浜公園(カニ公園エリア)@貝塚市

あおむし あおむし

貝塚市の海沿いにある二色の浜公園をご紹介しましょう!

 

 

海水浴場や潮干狩り場として有名な二色の浜公園。

 

海岸沿いをぐるりと囲む広大な公園なので、3回に分けて紹介しますね。

 

今回はカニ公園エリアです。

 

カニ公園エリアは、阪神高速湾岸線に沿う大阪臨海線沿いにあります。

「貝塚ランプ南」の次の角を右折すれば到着。

 

駐車場は1回620円

時間制ではないです。

帰りは駐車券なしで出ることができます。

 

▲一番右端がカニ公園エリア

 

カニ公園のあたりには、野球場テニスコートがあります。

 

ここのテニスコート、高速道路の下に位置しているので日陰でおすすめです。

 

更衣室やシャワーもあるし、施設もキレイですよ。

 

さてさて、公園の名前のとおり、カニの形をした遊具が目印です。

 

▲ と言いつつアップ写真がない…。奥にある赤い遊具がカニです。

 

全面に芝生が敷きつめられているので、転んでも痛くない!

ヨチヨチ歩きの赤ちゃんでも安心です。

 

こちらは、鉄橋のような遊具。

小さな子どもはこれだけで楽しめます。

 

 

こちらは船の形の遊具。

二色の浜公園は、船や魚介類の形をした遊具が多いんですよ。

 

▲今はやりのボルダリングもできる。

 

▲対象年齢6~12歳の遊具に挑む2歳児。

 

これ、なんていう遊具なんでしょう…

ロープにつかまって滑って帰ってくるやつ…

子どもは大好きですよね。

 

▲日曜日にもかかわらず、ほとんど並ばずに何回でも遊ぶことができた。

 

簡易テントやシートをもってきている人が多かったです。

 

お弁当を食べている人もいました。

ちょこちょこ木陰があるのもうれしいですね。

 

▲木陰でしばし休憩する2歳児。

 

遊具の向こうは丘になっています。

えっちらおっちら上ると…

 

 

こんな景色が広がっています!!

 

 

シロツメグサがいっぱい!

 

 

ここは芝生の丘といって、健康維持や体力づくりの散歩コースでもあります。

子どもについて歩き回っているだけでも運動になりますよ!

 

さて、カニ公園のそばの遊歩道を進み、次は中央エリアに向かいましょう。

 

 

キレイに管理された松林を臨みながら、阪神高速に沿って遊歩道が続きます。

 

▲松林の中にも入れる。

 

このあたりもめっちゃ気持ちいい!

子どもたちは松ぼっくりを見つけながらズンズン進みます。

 

途中、川があるので橋を渡ります。

このあたりから磯の香りが!

 

これは橋からの景色。

向こうに関西空港と連絡橋が見えます。

 

▲ここが河口。行きは干潮だったが、、帰りは満潮だった。

 

二色の浜公園は関西空港にほど近いので、飛行機が着陸する姿を楽しめます。

 

上の写真で言うと、右(大阪方面)から左(和歌山方面)に向かって飛行機が下がってきます。

 

川を渡ったあとは、阪神高速の下が遊歩道に!

 

 

こんな景色なかなか見られないですよね。

ちょっと興奮です!

しかも時間帯によっては日陰になってくれるので歩きやすい。

右には海岸が広がります。

 

ここをまっすぐ行けば、二色の浜公園最大の中央エリアになります。

BBQや潮干狩りができる中央エリアの様子は、また後日~!

 

 

【二色の浜公園カニ公園エリア

ADDRESS

 貝塚市脇浜4-34

TEL

 072-436-2404

PARKING

 第3駐車場(1回620円)

ACCESS

 南海本線「貝塚」駅より水鉄バス

 詳しくはコチラ>>>

 

二色の浜公園HPはコチラ>>>

 

 

関連記事